今後の動向についての予測

お金を手にした男性

限りなくゼロに近い金利では、まとまったお金があっても銀行預金しても微々たる利子しかつきません。
先日郵便局で定期預金をしようとしたら、年利0.04%でした。
普通預金ならもっと少ないです。
30年前なら5年国債でさえ年利5%くらいの金利がありましたが、今年発行のを調べたところ10年国債でさえ年利1%どころか税込で0.3%で発行と公示されていますが、元本割れしないことを買ってか、販売が始まると即日完売に近い人気のようです。
受け取りの年金が減って、受け取り時期も遅くなる予測では、自分でなんとか蓄えを増やす努力をしないと、高齢化する寿命までの生活費をねん出できなくなるので、投資への拍車がかかることは間違いありません。

注意すべき点

ここで気を付けることは、リスクがつきものだという点です。
安全性の高い商品は利息が低く、利潤を生む可能性の高い商品は逆に元本割れする可能性も高く、損する可能性もあるからです。
そのため、経験の少ない人が、はじめからリスクの高い商品に退職金などの定年後の生活費を投資することは決して好ましい方法とはいえません。
リスク分散を常に考えておくことが大切です。
国が発行する債券は、今は利息が高くはありませんがリスクは非常に少ない商品といえ、元本割れはない商品です。
ただ、5年や10年といった満期まで解約しないことが条件になっています。
証券会社などでは利率はさらに低いですが中国といって、1か月たてばいつでも解約できる商品もあります。

知っておくと良い情報

今では証券会社以外にもゆうちょ銀行をはじめとした銀行でも多くの商品が取り扱われているので、一度資料請求してみることがお勧めします。
信託や外国債券、外貨預金、今では外貨建て一時払い保険など様々な商品が販売されています。
安全性を優先した商品に、増やすことも考えた商品も組み込んでリスク分散することも大切です。
今後の高齢化社会に適応できる老後を過ごせるよう、投資は、若いうちから少額からでも練習し、損しても得をしても、運用経験を積むことも大事です。
ひまになったから、財産相続したからと、ある日突然大金を運用するというのは、難しいことですし、無謀なことです。
たいがいは、運用を誤って大事な資産をなくしかねません。

オススメリンク

資料請求をしてみてわかること

資料請求を国債について行う場合には、適切に運用できるものかどうかだけではなく、自分でどれくらいの期間預ける必要がある資産なのかを明確にする必要があります。
実際に様々な金融情報を確認しておくことで、明確に利便性が高いものを活用することにつながるのです。
定期預金などでなく、なぜ…Read more

債券相場をよく見てみること

国債の金利などを考えておくことで、利便性の高い投資を行うために必要な知識を得ておき、納得できる利便性の高い運用方法を確認しておくことが重要といえます。
実際に取引した経験のある方も少なくありません。
だからこそ、取引をする時には金利だけではなく、将来性の高い取引を行うための選択…Read more

関連リンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930